【上田式】膝の痛み改善プログラム 上田康浩 サプリメント 治療

【上田式】膝の痛み解消プログラムは人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】膝の痛み解消プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、日本姿勢保健均整師会理事・三起均整院院長の筒井朗晏先生の三起均整による膝痛解消プログラムです。
病院で2年間治らなかったヒザ痛もたった2回で解消するなど、病院で治らなかった膝も本人が驚く程短期間に治した臨床例も多数ありますので、自信を持ってお勧め致します。

対応症状には、加齢によるもの、半月板損傷、変形性膝関節症などの膝関節痛、膝関節炎、O脚、X脚、体重増加、リウマチなど内臓疾患、ストレス、スポーツや事故で膝を痛めた方など様々な膝痛が解消されます。
手術が必要と宣告された方でもこの方法を試す価値は大いにありますので、一度参考にされて見て下さい。


サプリメントは膝痛に効くの?

サプリメントを飲めば、膝の痛みを解消できるのでしょうか?
膝痛をはじめとする関節に何かしらのトラブルを抱えている人には、サプリメントなどの健康食品を飲んでいる人も多いのではないでしょうか?

 

 

雑誌や新聞、テレビCMなどでも膝の痛みにはグルコサミン、サメの軟骨成分コンドロイチンなどが階段の昇り降りや立ったり座ったりが辛い人にはおススメと言った、広告やコマーシャルを良く目にするものです。

 

 

グルコサミンは、関節軟骨の主成分のひとつで軟骨のを丈夫にすると言われており、古くなった細胞が新しい細胞に入れ替わるのに働き、軟骨を健康に保とうとします。

 

 

また、年をとるとグルコサミンを体内で作り出す力も低下してきます。そこに目をつけて各メーカーがサプリメントなどの健康食品から補給しようと広告などの宣伝を出しているのです。

 

 

サプリメントの成分はカニやエビの甲殻由来です。
一方のコンドロイチンは、軟骨や靭帯の弾力を増して関節を強くすると言われていますが、どれを摂取したからと言って根本的に膝などの関節の痛みを劇的に解消することは期待出来ません。

 

 

こうしたサプリメントなどの健康食品は、医薬品ではないので効能や効果を宣伝することは薬事法で禁止されており、治るとか効くなど文言は見当たりませんが、飲むだけで効果があると思ってしまう内容ですね。

 

 

ですが、これさえ飲んでいれば大丈夫だとか、いずれ痛みがなくなると言った期待をかけるのは禁物で、適切な治療をせずにいたり、自宅でのケアなどを怠ってはいけません。

 

 

また、これらのサプリメントには胸やけや下痢などの副作用もあるとも言われています。
これらの健康食品は、薬局などで普通に購入すると八千円前後し、効果が出るまでは数万円はかかりそうで、かなりの高額になります。

 

 

効果があればいくら出しても構わないと言う人もいるかも知れませんが、変形性膝関節症などのすり減った軟骨が目覚ましく再生することはありません。関節軟骨が再生しにくいのは、軟骨に血流がないからで、薬の成分を特定の一か所の関節軟骨だけに集めるのは極めて困難だからです。

 

 

変形性膝関節症の人で、軟骨の損傷を少しでも防ぎたいとか、膝を治す効果をあまり期待しすぎたり、頼リ過ぎない程度で、ものは試しぐらいで飲用することがちょうどいいと言えるかもしれません。

 

 

なお、グルコサミンやコンドロイチンなどの成分は食事からも摂ることができます。
コンドロイチンは、高級食材のフカヒレ、イカ、タコ、ヒラメ、うなぎなど、グルコサミンが多く含まれているものには、カニやエビの殻や干しエビ、納豆、山芋、オクラ、なめこといったネバネバした食品に多く含まれています。

 

 

また、コラーゲンも細胞同士をつなぐ働きがあることから関節の炎症や痛みにいいと言われているので、一緒にとると効果的です。人間の体から水分を除くとタンパク質になり、そのタンパク質の3分の1を占めるのがコラーゲンです。

 

 

多く含む食品には、鶏肉や鶏の皮、手羽先、豚足、牛すじ、すっぽん、カレイ、魚の頭、アワビ、サバ、サンマなどがあります。このような関節にいい成分を、毎日の食事を工夫をして摂りいれていくのが良いでしょう。

 

 

この【上田式】膝の痛み改善プログラムでは、いくらサプリを飲んでも痛みが取れなかった本当の理由が分かります。慢性的な膝のトラブルの原因が分かり正しい対策や治療をすることで、根本的に改善させることが可能になるでしょう。

 

注射や手術、サプリなどに頼らずに元気な膝を取り戻す方法!

 

三起均整による膝痛解消プログラムの詳細を見てみる

 

 

 
実践された方の声 膝痛を治す為の基礎知識 膝の痛みストレッチ リンク集