【上田式】膝の痛み改善プログラム 上田康浩 ランナー膝 治療

【上田式】膝の痛み解消プログラムは人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】膝の痛み解消プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、日本姿勢保健均整師会理事・三起均整院院長の筒井朗晏先生の三起均整による膝痛解消プログラムです。
病院で2年間治らなかったヒザ痛もたった2回で解消するなど、病院で治らなかった膝も本人が驚く程短期間に治した臨床例も多数ありますので、自信を持ってお勧め致します。

対応症状には、加齢によるもの、半月板損傷、変形性膝関節症などの膝関節痛、膝関節炎、O脚、X脚、体重増加、リウマチなど内臓疾患、ストレス、スポーツや事故で膝を痛めた方など様々な膝痛が解消されます。
手術が必要と宣告された方でもこの方法を試す価値は大いにありますので、一度参考にされて見て下さい。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)

ランナー膝でお悩みではありませんか?
スポーツによって起こる膝の痛みは、ここ最近、中高年の方にも増えていますね。

 

 

スポーツで怪我をしたり、膝に負担が掛かり障害を起こすのは、これまでどちらかといえば若い人に多く見られましたが、ジョギングやマラソンなどを楽しむ人も増え、最近では中高年の方にもスポーツでの膝の痛みをを抱えている方も少なくありません。

 

 

その中でも、ランナー膝(腸脛靭帯炎)の方が多くみられます。これはジョギングランニングなどをやりすぎが原因で膝が痛む病気の総称です。
また、陸上の長距離選手など、筋力を十分に備えているランナーに多く見られるスポーツ障害ということもあり、そう呼ばれています。

 

 

そして、この障害の代表的なものとしては腸脛靭帯炎で、可動域は制限されるようなことはありませんが、膝の外側に痛みを感じます。(運動している時や大腿骨の外側を圧すと痛みが出ます。)
しかし、病院でのレントゲン検査をしても異常を見つけることができないことが多いようです。

 

 

膝の外側には腸脛靭帯があり、骨盤から股関節や膝関節を通って脛骨の外側に伸びており、大腿筋膜張筋という筋肉によってそのバランスが保たれています。

 

 

ですが、スポーツなどで膝の屈伸などを持続して繰り返すことで、大腿筋の外側の骨と大腿筋膜張筋とがこすれあって炎症を起こします。これがランナー膝の痛みを引き起こす原因と考えられています。

 

 

特に、ジョギングやランニングなどで走る時に、足の外側に体重をかける癖がある走行フォームの方や、O脚の人、膝の関節の変形が酷くなり不安定になっている人などは、体重が脚の外側に掛かることで生じやすくなります。
その他にも、急激な走行距離の増加や靴、路面傾斜などがあります。

 

 

いずれにしても、年齢を重ねると、軟骨などの弾力はどうしても低下してくるものです。その為、急な動きや同じ動作を持続して繰り返すことが負担になってくるのです。
スポーツを楽しむことはとても良いことですが、膝の痛みがある時は無理をしないで休んだり、ウオーミングアップをしっかりして行うことが大切です。

 

 

なお、ランナー膝(腸脛靭帯炎)でお悩みの方は、この【上田式】膝の痛み改善プログラムにあるストレッチなどのランナー膝向けエクササイズを行って、体のバランスのとり方と正しい体重のかけ方を身につけるようにするとずいぶん違ってくるでしょう。

 

スポーツなどによって起こる膝の痛みにも幅広く対応!

 

三起均整による膝痛解消プログラムの詳細を見てみる

 

 

 
実践された方の声 膝痛を治す為の基礎知識 膝の痛みストレッチ リンク集