【上田式】膝の痛み改善プログラム 上田康浩 ジャンパー膝 治療

【上田式】膝の痛み解消プログラムは人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】膝の痛み解消プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、日本姿勢保健均整師会理事・三起均整院院長の筒井朗晏先生の三起均整による膝痛解消プログラムです。
病院で2年間治らなかったヒザ痛もたった2回で解消するなど、病院で治らなかった膝も本人が驚く程短期間に治した臨床例も多数ありますので、自信を持ってお勧め致します。

対応症状には、加齢によるもの、半月板損傷、変形性膝関節症などの膝関節痛、膝関節炎、O脚、X脚、体重増加、リウマチなど内臓疾患、ストレス、スポーツや事故で膝を痛めた方など様々な膝痛が解消されます。
手術が必要と宣告された方でもこの方法を試す価値は大いにありますので、一度参考にされて見て下さい。

ジャンパー膝

ジャンパー膝は、病名が示す通りにジャンプをすると膝蓋骨(お皿)の上や下に痛みが起きます。
バレーボールやバスケットボール、サッカーなどのスポーツで頻繁にジャンプや着地動作を繰り返す選手に多く見られる障害です。

 

 

このジャンパー膝は、ジャンプやキックをしたり、走っていて急なストップ動作を繰り返すことによって、太ももの前の筋肉などに負担が掛かり、膝蓋骨と脛骨をつないでいる膝蓋靭帯が炎症を起こした状態です。

 

 

主な症状は、膝蓋骨(お皿)の下の痛みが大半で、膝蓋靭帯炎とも呼ばれています。この痛みは運動時に酷くなり、特にジャンプした際の着地時に強い痛みをを感じることが多く、安静にしていると軽減してきます。
また、患部が熱を持ったり、太ももの筋肉が縮んで硬くなることもあり、重症になると膝蓋靭帯が完全に断裂する場合もあります。

 

 

そして、このジャンパー膝の初期段階では、練習の始めに痛みが少しあるだけで、何とか競技に参加出来るので無理してしまうことも多く、痛みが慢性化してしまうことも少なくありません。
また、治っていないまま練習をすると簡単に再発してしまうので、完治するまでには時間がかかる疾患と言えます。

 

 

その為、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)はスポーツの練習をやりながらの治療は、効果が上がりにくいので、一旦、練習はしないようにして、痛みがとれてから再開するのが良いでしょう。

 

 

そして、ジャンパー膝は太腿四頭筋がつく膝の靭帯が炎症を起こしているので、太ももの筋肉が疲労して膝への負担が大きくなっていることが多く、太ももをほぐすマッサージやストレッチが効果的です。

 

 

この【上田式】膝の痛み改善プログラムでは、ジャンパー膝専用のストレッチなどのエクササイズがありますので、より早く痛みの症状を改善させ、スポーツを再開することが出来るようになるでしょう。

 

スポーツなどによって起こる膝の痛みにも幅広く対応!

 

三起均整による膝痛解消プログラムの詳細を見てみる

 

 

 
実践された方の声 膝痛を治す為の基礎知識 膝の痛みストレッチ リンク集