【上田式】膝の痛み改善プログラム 上田康浩 オスグッド病 治療

【上田式】膝の痛み解消プログラムは人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】膝の痛み解消プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、日本姿勢保健均整師会理事・三起均整院院長の筒井朗晏先生の三起均整による膝痛解消プログラムです。
病院で2年間治らなかったヒザ痛もたった2回で解消するなど、病院で治らなかった膝も本人が驚く程短期間に治した臨床例も多数ありますので、自信を持ってお勧め致します。

対応症状には、加齢によるもの、半月板損傷、変形性膝関節症などの膝関節痛、膝関節炎、O脚、X脚、体重増加、リウマチなど内臓疾患、ストレス、スポーツや事故で膝を痛めた方など様々な膝痛が解消されます。
手術が必要と宣告された方でもこの方法を試す価値は大いにありますので、一度参考にされて見て下さい。

成長期の子供に多いオスグッド病

オスグット病は10代である小学校の高学年頃から中学生にかけての成長期に現れる代表的な膝痛です。
正式には、オスグット・シュラッター病と呼ばれ、最初に発見した人の名前をとってつけられました。

 

 

この障害は、特に、成長期の子供が部活動などのスポーツを積極的にやっているうちに膝の皿の下あたりの骨に、変形やふくらみなどの異常が起き、刺激に対して敏感になり痛みなどの症状が出てきます。

 

 

特に10代前半の走ったり、ジャンプなどの激しい運動やスポーツをしている子供に多く見られ、初期の症状としては、時々膝にひっかかるような違和感を感じ、ズキズキ疼いたりする痛みが出てきます。

 

 

そして、更に症状が酷くなってくると、普通に歩いている時などにも痛みが出てくる場合もあります。
特にサッカーのようにボールを蹴ったりなどのキックや、走っている時に急なストップしたり、ジャンプしたりする動作が多いスポーツでは、膝に繰り返し負荷がかかるので、オスグット病いなりやすいと言われています

 

 

その為、サッカー選手にも多く、バスケットボールやバレーボールの選手にも良く見られます。
日常生活ては、階段の昇り降りなどで痛みが酷くなり、正座することが出来なくなることもありますが、安静にしていると痛みは軽くなってきます。

 

 

そもそも膝を伸ばす動作は、脚の付け根から膝までの部分である大腿の前面にある大腿四頭筋が収縮して、お皿の下の骨である脛骨結筋が引っ張られて起こります。

 

 

ですが、成長期では、この部分はまだ柔らかく弱い軟骨の部分が多く、スポーツなどの激しい運動で繰り返し引っ張られてしまうと、骨や軟骨の一部分が剥がれたりと骨化障害が起こり、炎症を起こしてしまいます。

 

 

骨や腱、筋などの成長には個人差があり、誰でもオスグット病を発症することはありませんが、骨の成長に腱や筋の成長が追い付いていない時には、軟骨や骨には負担がかかっており、成長期の発展途上の子供には、無理をしないで見合った運動量を行っていく必要があります。

 

 

したがって痛みが酷い時などは、ランニングやキックなどの膝を引き伸ばす運動や練習を控えるようにして下さい。骨が成長が終わる頃には自然に治るとも言われてもいますが、重症にならないようにストレッチなどをして調整していくことが必要でしょう。

 

 

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)とオスグット病は本質的には同じ症状です。膝蓋靭帯炎は、大腿四頭筋がつく膝の靭帯部分が炎症を起こしている状態で、オスグット病は骨との接着面が炎症している状態ですので、太ももの筋肉が疲労して膝への負担が大きくなっている場合が多いので太ももの筋肉をほぐすマッサージやストレッチが有効です。

 

スポーツなどによって起こる膝の痛みにも幅広く対応!

 

三起均整による膝痛解消プログラムの詳細を見てみる

 

 

 
実践された方の声 膝痛を治す為の基礎知識 膝の痛みストレッチ リンク集