【上田式】膝の痛み改善プログラム 上田康浩 注射療法 治療

【上田式】膝の痛み解消プログラムは人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】膝の痛み解消プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、日本姿勢保健均整師会理事・三起均整院院長の筒井朗晏先生の三起均整による膝痛解消プログラムです。
病院で2年間治らなかったヒザ痛もたった2回で解消するなど、病院で治らなかった膝も本人が驚く程短期間に治した臨床例も多数ありますので、自信を持ってお勧め致します。

対応症状には、加齢によるもの、半月板損傷、変形性膝関節症などの膝関節痛、膝関節炎、O脚、X脚、体重増加、リウマチなど内臓疾患、ストレス、スポーツや事故で膝を痛めた方など様々な膝痛が解消されます。
手術が必要と宣告された方でもこの方法を試す価値は大いにありますので、一度参考にされて見て下さい。

注射療法について

膝の痛みが強い場合には、その痛みを抑える目的で薬を膝関節の内外に直接注射をすることがあります。これがいわゆる注射療法になります。

 

 

これを行えば痛みがすぐに治まる効果がありますが、膝に水がたまっている場合は、先に注射器で水を抜く治療である関節穿刺(せんし)を行います。
この膝に水がたまる場合の治療は、外来でできる簡単なもので、水を抜いた後は、膝の曲げ伸ばしが楽にできるようになります。

 

 

一方の関節外注射には、押したときに痛みを感じる点に行うトリガーポイント注射と、ブロック注射の2つがあります。
トリガーポイント注射は、1パーセントキシロカインなどの局所麻酔薬を2、3ccを用いて行う場合が多いです。

 

 

ブロック注射は、局所麻酔薬を神経末端に注射し、一時的に神経を遮断して痛みを和らげる治療になります。膝痛の場合は、膝の周りを囲んでいる伏在神経ブロックが殆どです。

 

 

そして、どちらの注射後も、したところを良くもみほぐすことで、筋肉の緊張をとり、痛みをやわらげます。
また、注射には回数の制限は特になく痛みがあるようなら何度でも行うことが出来ますが、行う場所の違いは、曖昧で押して痛い箇所に行うケースが多いようです

 

 

ただ、気をつけなければいけないのは、注射療法を行うと痛みが治まってきますが、あくまで痛みを抑えているにすぎず、治っているわけではありません。根本原因である、すり減った関節軟骨が取り除かれたわけではありません。

 

 

ですので、痛みが取れたからと言って無用心に動き過ぎるのは良くありません。これまで以上に動いてしまうと、返って症状を進行させ酷くさせてしまいます。
動きが楽になれた分は、ストレッチなどの運動療法をしっかり行って下半身の筋肉を鍛えることが何より重要です。

 

 

【上田式】膝の痛み改善最速トレーニングは3段階です。@体の歪みを整え、姿勢を正し、A症状別エクササイズで的確に痛みを取り、B筋力を強化して再発防止。症状の程度、箇所、程度によってのトレーニング回数の提案をしています。

 

注射や手術などに頼らずに元気な膝を取り戻す方法!

 

三起均整による膝痛解消プログラムの詳細を見てみる

 

 

 
実践された方の声 膝痛を治す為の基礎知識 膝の痛みストレッチ リンク集