膝の痛み止め 薬の副作用 【上田式】膝の痛み改善プログラム 上田康浩 治療

【上田式】膝の痛み解消プログラムは人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】膝の痛み解消プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、日本姿勢保健均整師会理事・三起均整院院長の筒井朗晏先生の三起均整による膝痛解消プログラムです。
病院で2年間治らなかったヒザ痛もたった2回で解消するなど、病院で治らなかった膝も本人が驚く程短期間に治した臨床例も多数ありますので、自信を持ってお勧め致します。

対応症状には、加齢によるもの、半月板損傷、変形性膝関節症などの膝関節痛、膝関節炎、O脚、X脚、体重増加、リウマチなど内臓疾患、ストレス、スポーツや事故で膝を痛めた方など様々な膝痛が解消されます。
手術が必要と宣告された方でもこの方法を試す価値は大いにありますので、一度参考にされて見て下さい。

膝の痛み止めの薬の副作用

膝の痛みの緩和などに使われる薬の副作用をご存じですか?
変形性膝関節症の薬物療法で使われるのは、言うなれば痛み止めの薬です。

 

 

そして一般的に良く使われるのは非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)と呼ばれている種類の薬です。
確かに膝の痛みや炎症を抑える効果は高いのですが、座薬でも内服薬でも胃腸に副作用が出ることがあります。

 

 

この非ステロイド性抗炎症薬の多くは、痛み物質を作る酵素の働きを阻害することで痛みや炎症を抑制します。ですが、この作用によって胃粘膜を守る働きも妨げてしまい、吐き気や胃の痛みと言った胃腸障害の副作用が起きてしまうのです。

 

 

剤形には張り薬や塗り薬などもあり、外用薬は殆ど心配はありませんが、内服薬は特に副作用が強く出ます。
その為、胃腸が弱い人や以前に胃潰瘍などになったことがある人は慎重に使う必要があります。
特に高齢者は、薬の副作用が出やすいのです。

 

 

したがって、変形性膝関節症などで薬を用いる時には、副作用に注意しながら、長期間に渡って使い続けないように注意する必要がありますね。
いずれにしても変形性膝関節症は薬だけでは治りません。

 

 

膝の痛み止めの薬は、あくまで対症療法であり、膝関節の変形や変性を元に戻すことが出来ません。
だからこそ、ストレッチなどの運動療法や膝に負担がかからないようにする為に、体重の管理などをしっかり行って痛みが出にくいようにしていくことが大切になってくるのです。

 

 

注射や手術などに頼らずに元気な膝を取り戻す方法!

 

三起均整による膝痛解消プログラムの詳細を見てみる

 

 

 
実践された方の声 膝痛を治す為の基礎知識 膝の痛みストレッチ リンク集