膝痛 正座ができない 【上田式】膝の痛み改善プログラム 上田康浩 治療

【上田式】膝の痛み解消プログラムは人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】膝の痛み解消プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、日本姿勢保健均整師会理事・三起均整院院長の筒井朗晏先生の三起均整による膝痛解消プログラムです。
病院で2年間治らなかったヒザ痛もたった2回で解消するなど、病院で治らなかった膝も本人が驚く程短期間に治した臨床例も多数ありますので、自信を持ってお勧め致します。

対応症状には、加齢によるもの、半月板損傷、変形性膝関節症などの膝関節痛、膝関節炎、O脚、X脚、体重増加、リウマチなど内臓疾患、ストレス、スポーツや事故で膝を痛めた方など様々な膝痛が解消されます。
手術が必要と宣告された方でもこの方法を試す価値は大いにありますので、一度参考にされて見て下さい。


膝痛で正座ができない

膝痛で正座が思うように出来ないということはありませんか?
このような人へのアドバイスには「これからは椅子の生活が良い」とか、「正座をしないようにしましょう」と言われたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

 

ですが、正座をしすぎたことが原因で膝痛が起こるわけではありません。
何故ならそうしたからといって軟骨はすり減らないからです。実はかえって悪い方向に向かうことが多いのです。
というのも膝関節が硬くなり、動きを悪くさせてしまう拘縮が強くなるからです。

 

 

例えば、膝痛の原因として一番多い変形性膝関節症は、初期の頃から拘縮の症状が出てくることが多いので、正座をしようとしても膝が曲がりにくくなってしまいます。
しかも、無理にしようとすれば痛みが出てくるので坐ることが出来なくなり、やがてしなくなってしまいます。

 

 

そうなると、あたかも正座すること自体が膝痛を進行させると思ってしまいがちになるものです。
しかし、これには因果関係はありません。つまり、膝の痛みという症状と、変形性膝関節症という病気とは分けて考えなければいけないということです。

 

 

実際に、正常な膝というのは、歳をとってもきちんと完全に曲げれますし、伸ばすことも出来ます。
変形性膝関節症で膝が曲がらなくなるのは、膝関節が硬くなる拘縮のせいなので、別の対策を立てて治療する必要があるわけです。

 

 

痛いから正座しないというのは、自分の動きや行動に制限をしているとも言え、やがて「動くと痛いから寝ていましょう」「外出すると痛いから家にいよう」というようになり、病気の進行を自ら許してしまうことになります。

 

 

周りの人の協力と自分のやる気があって良くなる人でも、このような消極的な態度でいたら、本当に動けない寝たきりになってしまうでしょう。

 

 

いずれにしても、膝の痛みや軟骨のすり減りなども、その周辺の筋肉の緊張・コワバリ、それに関連する部位の歪みが大きく影響しており、これらを無視すると膝痛に何年も苦しむことになります。

 

 

加齢、事故、スポーツなど、膝痛で正座が出来なった方でも短期間で改善した症例が多数あります!

 

三起均整による膝痛解消プログラムの詳細を見てみる

 

 

 
実践された方の声 膝痛を治す為の基礎知識 膝の痛みストレッチ リンク集