【上田式】膝の痛み改善プログラム 上田康浩 ひざ裏 ストレッチ 治療

【上田式】膝の痛み解消プログラムは人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】膝の痛み解消プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、日本姿勢保健均整師会理事・三起均整院院長の筒井朗晏先生の三起均整による膝痛解消プログラムです。
病院で2年間治らなかったヒザ痛もたった2回で解消するなど、病院で治らなかった膝も本人が驚く程短期間に治した臨床例も多数ありますので、自信を持ってお勧め致します。

対応症状には、加齢によるもの、半月板損傷、変形性膝関節症などの膝関節痛、膝関節炎、O脚、X脚、体重増加、リウマチなど内臓疾患、ストレス、スポーツや事故で膝を痛めた方など様々な膝痛が解消されます。
手術が必要と宣告された方でもこの方法を試す価値は大いにありますので、一度参考にされて見て下さい。

ひざ裏ストレッチ

年齢を重ねると誰しも体の筋肉が衰えてくるものですね。
そして、中高年になるとどうしても運動不足の傾向が高くなります。ですが、運動などをせずに座る時間が長い生活を続けていると、筋肉も衰えて膝の痛みにつながります。

 

 

その結果、ひざの腱や靭帯が収縮して少し曲がった状態になりがちになります。特に高齢者では、膝の回りの筋肉が低下した状態で運動や作業などをしてしまうと、変形性膝関節症での膝の痛みを引き起こしやすくなります。

 

 

正座がやりにくくなったり、少しの段差でつまずいて転倒しやすくなったりと危険を招きやすくなります。そんな時は、縮まった膝の裏を伸ばすストレッチが有効です。基本的には、少し痛いが、でもちょっと気持ちがいいと言う程度が最適です。何より無理は禁物です

 

 

やり方はとても簡単で難しく考える必要はありません。椅子に座って、左右のどちらか一方の足を真っ直ぐに伸ばし、踵を床に付けてつま先を立てるようにします。

 

 

次に両方の手を膝の上に軽く押し当てるようにして、ひざの裏やふくらはぎ、太ももの裏側を伸ばすようにします。この時に気をつけなけれないけないのは、しっかりつま先を立てるようにすることです。

 

 

これを左右の足ごとに各15〜20秒程度行い、一度にやる回数は2セットずつ行うようにします。膝の痛みも和らぎ縮まったひざの裏が気持ちよくなります。

 

 

自宅での簡単なストレッチ等のセルフケアで根本から改善に導く治療法

 

三起均整による膝痛解消プログラムの詳細を見てみる

 

 

 
実践された方の声 膝痛を治す為の基礎知識 膝の痛みストレッチ リンク集